目的に合わせたメール配信システム

セグメント配信を活用すると便利

適当にメールマガジンや販促用のメールをユーザーに配信しても開封してくれる可能性は低いと言えるでしょう。また特定の方をターゲットにしたピンポイントのマーケティングをしたいときになどにはセグメント配信を使うのが基本です。これは属性に合わせてメール配信するもので、例えば50代や奈良県といったキーワードが該当する方にメールを配信できます。ある商品を購入した方のみに限定して共通する商品情報を提供するといった行動も可能です。上記のセグメント配信のメリットはメール開封率のアップが目的、また購買欲を掻き立てる事ができるので使ってみると良いでしょう。キーワードがマッチすれば開封率は飛躍的に上昇します。これによりメール配信が無駄にならないため合理的です。

HTMLメールを使っている営業をしよう

メール配信は基本的にテキストメールとHTMLメールが用意されています。前者はテキストのみで構成されたものですが、これは内容が多いと読みにくいといったデメリットがあるといえるでしょう。一方HTMLメールはテキストの他に画像を添付できるのが強み、商品画像をメール内で確認できるので商品ページまでアクセスする必要がありません。特に食品関係のメールを送る際に活用すると商品購入の可能性が高まる傾向があるので便利です。また開封率を集計できるのでマーケティングにも使えるのがメリットと言えます。メール配信システムでは専門的なスキルがなくても簡単にHTMLメールを作成する機能がついているので使ってみると良いでしょう。