メール配信システムの種類と特徴

メール配信システムの種類

メール配信システムとは、多くの人にメールを一斉配信するシステムの事です。メルマガを配信したり、ECサイトを立ち上げる時には必要となります。その種類はタイプ別に二つに分けることが出来ます。一つは大量配信型で、もう一つはセグメント型です。配信効果を高めるには、最適な配信システムを選ぶ事が必要です。誰にとっても知りたい情報やお得な情報を伝えたいと思うなら大量配信を用いたいですが、送信内容を絞って効果的に使いたいならセグメント配信の方がより良いかも知れません。セグメント配信は、顧客の条件を絞って配信を行う方法であり、送る段階でターゲットを絞り込んでいますから、訴える力も大きいと言えます。また情報自体もピンポイントの方が内容が明確になります。

メール配信システムの特徴

大量配信型の特徴は、多くのユーザーにメールを送信することを想定してあることです。従って大量のメールを一斉に配信出来る、メールの配信日時を前もって指定できる、高速でメールを送信できるなどの利点があります。ですから、メルマガを大量に送ったり、自治体からのお知らせを配信する時などは重宝されています。一方、セグメント型はユーザーの性別、年令、行動履歴やニーズの特徴などを特定しますから効率的にメールを配信出来る事が利点といえます。この方法はECサイトと連携して、ユーザーが購入した商品からお勧め商品を売り込むことにも用いられています。また、折角ターゲットにメールを送っても迷惑メールに振り分けられては、顧客の元まで届けられませんから、メールの分量や回数にも注意が必要です。

メール配信APIは、アプリを利用するユーザー向けに、そのアプリと連携してメール配信できるソフトウェアです。ユーザーは自分でアプリを作る必要がなく、手順に従って連携するだけで済むので大変便利です。